猿田彦珈琲のカフェラテがぬるい!?おいしいカフェラテはミルクにあり!

スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています
※アフィリエイト広告を利用しています
コーヒー

あなたはカフェラテが好きですか?よく飲む方はたくさんいらっしゃると思います。

私もよくカフェラテは飲みますし、美味しいので好きです。

しかし、実際に飲みに行ったとき、お店によってはこういう体験をしたことはないでしょうか。

 

このカフェラテは少しぬるいなぁ

熱すぎて飲めないわ

このようにカフェラテを飲む際の温度に疑問を持ったことはありませんか?

なぜ、カフェラテはこんなにも温度に差が出てくるのでしょうか。

それはカフェラテに含まれるミルクに答えがあります。このミルクにはどのような役割があるのだろうか。

カフェラテは熱い飲み物、暖まりたいからホットを頼んでいるのに。と思ってる方、これを知らないと本当の美味しいカフェラテを飲むことはできないかもしれません。

そんなもったいないことはさせたくない!でもカフェラテについて教えてくれるところなどそうありません。

この機会に一歩深く知り、そして最高のカフェラテを手に入れてください。

カフェラテはエスプレッソにスチームミルクを混ぜたドリンク

エスプレッソ+スチームミルクを合わせることによって出来上がるのがカフェラテです。

エスプレッソとはエスプレッソマシンによる高圧力(9気圧)で抽出される液体のこと。普通のコーヒーとは別。

スチームミルクとはスチーマーと言われる機械を使い、ものすごい勢いで高温の水蒸気を発してミルクに空気を取り入れ、撹拌した液体のこと。この液体の状態によりラテアートを描けたりすることができる。

ここで重要なのが、スチームミルクの温度と空気が含まれている量と質。

美味しいカフェラテは最高のフォーム(泡)が肝心

スチームミルクはフォームといわれる細かい空気を作り撹拌します。その泡が入ったミルクをフォームミルクといいます。この時に泡が多いことをフォームが多い、泡が粗いとフォームが粗いといいます。

カフェラテを作りにあたり、このフォームの量と質が重要になります。

フォームが多いとカプチーノみたいにモワモワしたクリームみたいなフォームになってしまいます。さらに、フォームの泡が粗いと口当たりが悪く、なめらなかな口当たりになりません。

また温度も重要で、熱すぎるとミルクの持つ甘さが消え、代わりに焦げたような味わいになってしまいます。ミルクの最適な温度が55℃前後。そのため、それ以上熱くするとミルク本来の甘さ感じにくい水っぽいカフェラテになってしまうのです。

フォームミルクに大切な3つなこと
  • 空気を取り込む量(フォームの量)
  • 撹拌(きめ細かい滑らかなフォーム)
  • 温度(50〜60℃)

カフェラテを飲む際に滑らかな口当たりになるには相当上手に撹拌されていないといけません。また、空気を取り込む量が多ければモタっとしたフォームに、少なければサラサラとしたフォームになってしまいます。

また、しっかり撹拌したいから長めにスチームしてしまうと、今度は温度が上がりすぎてしまい甘いミルクを作ることができません。

そのため、適切な空気量を2秒以内に、適切なポジションでしっかり撹拌、そして適切な温度で止める。この3つを極めたフォームミルクで作られたカフェラテは甘く、とても滑らかで一体感のある仕上がりになるのです。

まさにプロのバリスタの技ですね!

きめ細かいフォーム
粗いフォーム(時間が経過したこともある)

猿田彦珈琲がぬるいと言われる理由はスチームミルクの温度が低いから

スペシャルティコーヒー専門店である猿田彦珈琲のカフェラテがぬるいというツイートなど見かけることがあります。

ここまでの説明でぬるい理由がわかった!という方がいるかもしれませんね。

そうです、猿田彦珈琲のカフェラテはスチームミルクの温度が高くありません。そのため、ぬるいと感じてしまうということです。しかし50℃もする飲み物はしっかり熱いはずです。

ぬるいと感じた方にはもしかしたら、熱いのが好きなために熱くないカフェラテをぬるいと感じてしまったのではないでしょうか。もしくは、めちゃくちゃ寒い日ですぐに冷めてしまったのか。あくまでも、個人的な推測です。

個人的にも飲んだことはあります。しかし、一度もぬるいと感じることはありませんでした。暖かく飲みやすい温度だと思います。

猿田彦珈琲がスペシャルティコーヒー専門店の中でたくさん店舗数があり、たくさんの人に飲まれているからこのような話題が上がってくるのかなと思います。

小さい店舗でも品質にこだわり美味しいカフェラテを提供しているところはたくさんあると思います。そういったお店もやはり温度は熱すぎないかもしれませんね。

熱い飲み物を頼みたければブラックコーヒー1択

カフェラテなどミルクを使った商品は冷めやすいです。理由はこれまで説明した通り、スチームミルクの温度が高くないから。

ブラックコーヒーはもちろんお湯を使用して抽出しています。そのため温度は80℃以上。熱さに問題はないです。

ぜひ、熱いものを飲みたい方はブラックコーヒーを注文しましょう。

ここでワンポイント、ブラックコーヒーも出来立てより、ほんの少し冷めた方が美味しい。矛盾してるように聞こえますが。それでもブラックコーヒーは80℃以上するので少し冷めたとしても暖かいです。

理由は人間の舌は温度が高いと味を感じづらいため。少し冷めた状態の方がコーヒーのフレーバーが分かります。それに温度帯によって味も変わるため、ゆっくり飲むことをおすすめします。

最後に

何も考えずにカフェラテを頼んでいたあなた、こんなに深いドリンクを知って次飲むのが待ち遠しくないですか?

美味しいエスプレッソがあることが前提ですが、今回はミルクについて触れました。すこし難しい内容だったかもしれません。いつも飲んでいる飲み物も実は奥が深かったりします。

この記事読んで、ハッピーなコーヒーライフに繋がれば幸いです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました